おじさんと熱帯魚と音楽と

おじさんの趣味のブログです。 熱帯魚と音楽について、取り留めなく書いています。

--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

Response: ---  ---

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
31

Category: 器具

Tags: CO2攪拌器  

Response: Comment 10  Trackback 0

久しぶりのD.I.Y.(途中経過


先日、予告したD.I.Y.を進めましたよ~ん。

今日までに、容器をこんな風にしたりして・・・

水漏れ試験?
水漏れ試験をしていたんだけど、結局この容器は却下!
蓋の強度がね~。
補強しても、バキッ!って行っちゃいそうで(汗


代わりに買ってきたのがこの容器です。

容器確定!
梅酒保存容器(2リットル)です。
これなら蓋の強度もバッチリ!
ただ、でかいけど(^^;


あ、何を作るのか書いてませんでしたね(汗
賢明な皆さんなら、もう分かってると思うけど・・・

そう!『CO2攪拌器』(のつもり)です。


先ずは、蓋の加工です。

蓋加工
配管の邪魔になる取っ手を取って(韻を踏んでる!^^)、水が通る配管用の穴2個、CO2供給用の穴を1個あけました。
念のため、水漏れ防止に外側にも内側にもゴムパッキンを設置。
何となく、いけそう?


次に配管の製作です。
塩ビ管と継ぎ手でこんな物を作成しました。
配管はVP13を使用しました。


配管一式
手前の長いのが、容器内の排水パイプです。
パイプの下部に穴を4つあけて、容器内に渦を作ろうって魂胆です(笑
後ろ左から、容器内への給水管。
真ん中が、水槽への配水管。
右が配水管の容器内部分です。

塩ビ管VP13の継手は外径が太すぎるので、塩ビ管をスペーサーにして、更にその中にアクリルパイプを突っ込んでます。
このアクリルパイプにホースを固定するつもり。



まだ塩ビ管用の接着剤が乾いてないので仮組だけど、完成するとこんな形になります。


完成予想図

CO2ストーンを排水パイプの下に取り付ければ、気泡が出た瞬間、排水パイプの水流で攪拌されて溶け込むと思うんだけど・・・



どうでしょう?(--;)ゞ





実はまだまだ問題点もあるんですけどね(滝汗




ブログランキングに参加しています。
 ↓昨日に続き、記事長すぎ!って思ったら、一押しお願いします。

ランキング
人気blogランキングへ
スポンサーサイト
trackback ping trackbacks
comments
 
着々と進んでますね♪
後は逆止弁付けたらほぼ完成じゃないですか!
実はうちではジ○レコ製使ってます(だって作れなかったんだもん…)
これを見てみると、給水側のパイプは大体ケースの真ん中位までの長さで真横に切り欠きが付いてますね。
これによって上手く水流を作って撹拌しているように思います。
排水側のパイプは底ギリギリの長さで、なるべく長い時間撹拌させた水を通す様になっていると思います。
溶解率は100%ですが、CO2を入れすぎるといわゆる゛エア噛み゛と同じ症状が出るので量の調整は難しいですね(^-^;
あとポンプの流量が弱いと気体の圧縮される分、流量が更に落ちたりするので気をつけて下さいね!
 
お~~!
凄いじゃないですか!
こんなのよく作れますね~!
コレを見た限り問題点も見つからないんですが・・・(^^;;
と、とにかく頑張って完成させてください!
楽しみにしてます!!
 
すっげー。さすがです。
もう完成品のようです。
しっかし改めてなんでも作りますね(笑)
プラ板1枚から水槽まで作りそうな勢い<んなバカな
楽しみです。

 
すごいですね!僕にはこんな芸当できませんorz
自分でつくるのってっぱり楽しいですよね。
頑張ってください!
 
お~~~~すごい!!!
こんな感じになりましたか。
いいなぁ。
私も色々試そうと思ってますが、
結局やってなかったり・・・。
今は直添加ではありますが、攪拌はさせてないんですよね。
(ホース直つなぎ)
なので、CO2の無駄遣いをしているかも(;´д`)
 
お!やっぱりこれだった♪
って・・・あれ?これ・・・父殿、ヤバス!!
この構造だと、ちょっとまずいかも
ミキサー内に入っているパイプだけど
給水側は底の方(むしろ短くても平気)まで入っているけど
排水側がかなり短いよね?
これだとミキサー内に溜まったCO2が、排水パイプから抜けて行かない?
ミキサー内には、思っている以上にCO2が溜まります
排水側のパイプは底の方まで長くないと、溶け切れないCO2が
シャワーパイプからボコボコ逃げちゃいます
あと、この構造にすると更に出る問題が、ミキサー内に溜まる初期のエア
蓋の部分にエア抜き用のパイプジョイントを付けて
外になる方に短いエアチューブを付け、これをクリップなどで片方を摘む
エアを抜く際はクリップを外し、使う時にはクリップをガッチリ食わせておく
これならエア抜きも簡単に出来るはずです
一応、作ろうと色々考えてたもので (^^ゞ
参考になれば幸いです
 
連投申し訳ない <(_ _)>
「この構造」っていうのは、おととが言った構造ね
 
CO2未経験なので見守り隊(隊員1名)です^^;
でも構造を知ることができて面白いです。あ、韻を踏んでいるところも^^
で、工具を持っているというところがまたカッコイイです!
 
フムフム、なるほどなるほど… 勉強になりました!w
配管に塩ビ管を使ったのは大正解ですね。丈夫で水漏れの心配も絶対なさそう。

…パクっても許してくださいね?(ドキドキ)
 
>キット さん
想像通り、ジャ○コの攪拌器のパクリなんですよ^^
そっか排水パイプは底面ギリギリまでのばした方がいいんですね
なるほどφ(。_。;)メモメモ
エア噛みの症状を抑えるのに、CO2の添加量の調整ですね
なるほど~.....〆((゜д゜)))ハヤク カカナキャ
まだまだ改良の余地はありますよね~
助言、thanks!です(^^)/



>hirojet さん
いや~まだまだパクリ方が足り無くって(爆
もう少し検討してから組み始めれば良かった(汗
実物見ると問題点ありありなんですよ(^^;
一つずつつぶして行かなきゃならないから・・・
完成はいつになるやら (--;ゞ




>○○にいさん
さすがに、プラバンから水槽は・・・(^^;
目的は完成させることだけど、作る!って工程が好きなんですよ
作業の中で一つ一つ問題をクリアしていくってのも
だから、即不燃ゴミになった物も数知れず(笑




>モチドラス さん
自分で作るって、楽しいですよね^^
でも、父も結構失敗してます
ブログにアップしないで、闇に葬られたものも・・・
あ、そっちの方が多いか!(爆





>チェルノ さん
水面に達するCO2の気泡って・・・・
貧乏性の父に取っては、気になって気になって (汗
今の添加方法でもいいんだけど、水槽内で目立つし、メンテナンスがめんどくさいんですよ
でも、上手く行くかな~
上手く行かなかったら、即行元に戻しますから(^^




>おとと さん
そうですよね~
おととさんに言われて気が付いたこと多数!!
参考になります~ヾ(〃^∇^)ノ♪ thanks!
そっか排水パイプは上じゃなくって下の方がいいんですね!
攪拌前に排水されちゃいますよね~
気泡は上に行くから、当たり前って言えば当たり前だけど・・・
気が付かなかった(オイオイ!
そうそう!
父もどうしようかと思ってるのがエア抜き!
蓋にパイプジョイントを固定するのに、何で固定しようか悩んでるんですよね~
蓋の内側に突起を出したくないから内側は極力短くしたいし
そこから水漏れってのは絶対避けたいし・・・
う~ん、ねじとナットで挟みこんで固定するバルブがあればね~




>こつぶ さん
仕事柄、アクアに使える工具は揃ってますよ~(^^
CO2を効率よく飼育水に溶かし込む!ってのが結構難し買ったりするんですよね
せっかく添加しても、水槽外に放出する方が多かったらもったいないし(汗
でも、逆に多すぎるとまた問題アリアリ!
何事も加減が大事!ってことですね^^;




>軸太 さん
塩ビ管は強度も高いし、加工も楽ですからね~
一番の理由は、ウチに転がってたから(笑
上手く溶け込むといいんですけどね
それ以前に水漏れの心配がありますけど(汗

パクっても?
もちろん!
でも、成功したらね (爆
leave a comment





カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

TNの父

Author:TNの父
静岡県在住、奥さんと二人の子持ちです。
趣味は熱帯魚、音楽、読書etc・・。
熱帯魚飼育の楽しさに目覚め、今ではどっぷり深みに・・

最近の記事
お気に入り
FC2カウンター
最近のコメント
ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ
最近のトラックバック
カテゴリー
チーム60
※ブラウザのJavaScriptをONにして、Flash Player9以上をインストールしてください。
Get Adobe Flash Player
ブログ内検索
RSSフィード
お勧めアルバム
フリーエリア
ビンゴにチャレンジ!

 

これ、いいかも

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
11, 2017 < >
Archive   RSS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。